業務プロセス改善 FSBizTrust®

業務プロセス改善FSBizTrust(R)

FSBizTrust(R)は、BAMの考えに基づき業務プロセスをリアルタイムで監視します。”業務プロセス”をリアルタイムでモニタリングすることで、内部統制におけるコントロールを自動化します。さらに、After J-SOXに向けて、”業務プロセス”の改善につなげます。

※業務プロセスの見える化(可視化)により、業務改善(改革)につなげるという考え方は、多くの企業に注目されている重要なテーマです。当社では、明日からの事業に役立つ、情報の3段活用を通したアプローチを提唱します。

これがFSBizTrust(R)のコンセプトです。

「業務プロセスの見える化(可視化)」による情報の3段活用
コンセプト

3つの機能 「モニタリング、自動アラート、問題箇所のデータへ直接アクセス」

・モニタリング
内部統制で作成した業務プロセス図をそのまま利用し、統制行為の履行状況をモニタリング
・自動アラート
予め選択したルールに基づき問題を検出。電子メールで自動的にアラートを通知
・問題箇所のデータへ直接アクセス
アラート通知から発生原因の明細データ(取引データなど)へブラウザ経由で直接アクセス。問題箇所をすばやく特定でき、スピーディな問題解決、業務改善が可能

機能

業務の改善とリスクマネジメントを同時にサポート

ビジネスプロセスの真の可視化:ビジネスの遂行状況、リスクをリアルタイムでモニタリング

画面イメージ

ビジネスプロセスが今どういった遂行状況になっているのか、リスクが発現していないかをリアルタイムでモニタリングします。

設定したルールに対する違反を検知すると、関係者に直ちに通知します。

ビジネスプロセスを、そのパフォーマンス、リスク、内部統制等の様々な観点から可視化することで常に安定した企業運営を可能にします。

ビジネスプロセスの多面的な分析:最適なビジネスプロセス構築のための情報活用

画面イメージ

収集したデータを様々な角度から分析することができます。

売上・利益の商品・地域別分布等、通常のビジネスインテリジェンスで行う各種指標の分析をリアルタイムで行うことができます。

また、受注リードタイム等ビジネスプロセスに関する各種指標を分析して、プロセスの問題点を明確にします。

分析のみでなく、各種指標の出現パターンをルール化することで、多様な問題の検知が可能になります。(グラフの表示機能はオプションです。)

簡単設定とわかりやすい操作性:簡単、速い、柔軟

画面イメージ

多様なデータソースから簡単にデータ収集を行うことができます。

J-SOX対応などで作成した既存の業務フロー図をそのまま利用して、モニタリングポイントやルールを設定できます。

モニタリングポイントはアプリケーションの環境に制限されることなく、柔軟に設定・変更ができます。

本製品における特徴のまとめ

1.内部統制の運用コスト削減
内部統制におけるコントロールを自動化するため、内部統制に関わる運用コストを大幅に削減することができます。
2.iGrafxR で作成されたフロー図を有効活用
Microsoft® Visio®、Microsoft® Excel® および、iGrafx®で作成したフロー図をそのまま利用することができます。
3.アプレッソ、ウイング テクノロジーズよりOEM供給
株式会社アプレッソより企業内に散在するデータを収集するDataSpiderServistaを、ウイングアーク1st株式会社より高速化で自由な集計、分析、表示を実現するDr.SumEAを、各々OEMとして提供を受け、パッケージ版として新たに製品化することになりました。
4.簡単設定とわかりやすい操作性、数週間程度での導入実現
内部統制対応で作成したフロー図、既存の業務フロー図を活用して、モニタリングポイントを設定することができる他、基幹システムを変更することなくデータ連携を実現します。また導入にあたっては数週間程度で対応することが可能です。既存のアプリケーションには手を加えず、コーディング作業はほとんど必要ありません。
5.リアルタイムで問題箇所を把握
問題が発生した場合、自動的にリアルタイムで電子メールにてアラート通知を行います。また、アラート通知から問題箇所へブラウザ経由で直接アクセスできるため、問題箇所をすばやく特定でき、スピーディに問題を解決します。
6.内部統制から業務改善への展開
FSBizTrust®は、内部統制違反を検知するだけではありません。リアルタイムで業務プロセスの問題点が把握できるため、After J-SOXへ向けた業務改善へつなげることができます。

矢印画面トップへ戻る

苦情対応プロセス改善ソリューション

苦情対応業務で発生するリスクを減らすとともに、調査・分析結果を業務改善に活かすことができます。

苦情対応には以下のようなリスクが発生する恐れがあります。

苦情対応のリスク

このようなリスクを未然に防ぐために、FSBizTrust(R)を導入すると・・・

可視化によるプロセス監視が可能

プロセス監視

監視結果に基づいて調査・解析が可能

調査・分析イメージ

「苦情」を、業務改善や業務改革へ活かす

否定的なイメージである苦情対応を、製品・サービスの改善や新商品・新サービスといった業務が改善、業務改革へと繋げることができます。

業務改善・改革イメージ

矢印画面トップへ戻る

設定に必要な雛型は用意されているので、複雑なコーディングは一切必要なく、数週間にて導入して頂くことが可能です。

導入スケジュール

矢印画面トップへ戻る

ソフトウエア構成

ミドルソフト FSBizTrust Data Collect 1.1
FSBizTrust DataBase 1.1
サーバ OS Windows Server 2003 Standard x64 Edition
Windows Server 2003 Enterprise x64 Edition
Windows Server 2003 R2 Standard x64 Edition
Windows Server 2003 R2 Enterprise x64 Edition
CPU Intel Xeon(EMT64T) 1.8GHz以上
メモリ 2GB以上(推奨4GB以上)
HDD 1.3GB以上 +データ量に依存
  • ※上記は、64bit環境となっております。32bit対応をご要望の場合は、個別検討となります。

ハードウェア構成図

仕様

  • ※導入にあたっては、実データ件数に基づいたサイジングが必要です。サイジングの結果、ソフトウェアやハードウェアの構成が、本構成と異なる場合があります。

矢印画面トップへ戻る

カタログ カタログ(PDF)

製品の特長や機能について概要をまとめたカタログです。

※FSBizTrust は、富士ソフト株式会社の製品です。

矢印画面トップへ戻る

部署名 統括営業部 営業企画部
メール eigyou-honbu@jtsnet.com
お電話 03-5159-7653
FAX 03-5159-7654
所在地 〒104-0031 東京都中央区京橋2-18-2 明海京橋ビル4F 矢印アクセス(本社)

矢印画面トップへ戻る